柴犬ゆめ★ごこち ~もみの木の下で~

先代犬「たろう」に導かれ、onaomayu家に二代目柴犬としてやってきた                                                          赤柴「ゆめ」の物語

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ゆめこの腹水穿刺、無事終了

3月も今日で終わり。

ですが、また今日も夕方より雪が舞っています。
また少し積もるかなぁ。

さて、今日はゆめさんのXデーでした。



ゆめさんのお腹、お毛毛がフカフカすぎて目立ちにくいのですが、
触るとかなりカチカチです。

はじめの気づきは、お腹がつっかえて正しい姿勢でお座りができないこと…

いや、そんな事よりも、お腹が苦しくて呼吸がハカハカしてしまい、
何より大好きなゴハンが食べられない…生命にかかわります。



ゆめの闘病生活も気が付けば3ヶ月過ぎ、少しずつ辛くなってきているのも実感、
どこまでやったらいいのか…
どうしたらゆめが穏やかに過ごせるのか…



おなおさんと話し合い、ゆめの目力がまだ変わらない事、私達もまだゆめと一緒に居たい…

腹水を抜く処置を受ける事にしました。

病院に行き、体重チェック。
やっぱりわずかだが増えている。
ここ数日は、食事もほとんど摂れていなかったので、実質腹水増加のはず。



エコーを当ててもらうと、やはり腹水が増えており、腹水穿刺を行う事となりました。

体を横にしたら、やはり咳き込んでしまって、落ち着くまでしばし待ちます。

針を入れ、腹水がチョロチョロと出始めてからは中に呼ばれ、ゆめこの側に付き、ゆめを励まします。

ゆめさんとってもおりこうさんで、キャンとも言わず、じっと…
健気過ぎて涙が出ちゃう。
こんなにおとなしい子も珍しいそうです。
特に柴犬はこの手の処置はおろか、エコーもパニックになって出来ない子が多いそうで(笑)



時間をかけてゆっくりと引きます。
15分位かな?
ゆめこさん我慢の限界だったか、準備動作なしでいきなり起き上がってしまい、針が抜けてしまいました。

ですが、850ml抜けたのでまずまずだそうです。
before→after ウエストができている~

終わったあと、やはり腹部の圧迫かとれたか、呼吸が楽になり、動作も軽くなりましたよ。

ゆめさん頑張ったね!

お家に戻って、食欲も戻ったか、フードボックスの方に行き、食べたいアピール。



その後パタリ。
ん?すぐ横になれている、最近伏せのポーズが多かったので、やっぱり楽になったのね。

一気に水分が抜けたので、循環動態が変わるのが心配なので、今日は安静に…

その後も特に異常はなく、やはり食欲が戻ったゆめさん、
手作り食を食べ(ドライフードは食べない…)ターキーアキレスでフィニッシュ!



そして、超久しぶりにmyベッドに入った!
どうしてなのか、ここ最近ベッドに入らず、固い床の上に転がっていたゆめですが、久しぶりのお布団姿にちょっと驚きました。
…って、ちゃんと入っていないし。

無事処置を終え、元気を取り戻したゆめさんでした。



Xperiaからの投稿

| 柴犬ゆめ | 22:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>