柴犬ゆめ★ごこち ~もみの木の下で~

先代犬「たろう」に導かれ、onaomayu家に二代目柴犬としてやってきた                                                          赤柴「ゆめ」の物語

<< 2017-09- | ARCHIVE-SELECT | 2017-11- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

それでは皆さま、よいゆめを…

今日が最後の更新です。

ゆめと過ごしたのは5年と11ヶ月、やっぱり短いですね。ですが、とっても濃い月日でした。

成犬を迎えるとはこういうこと、まして7歳からだとなれば当然お別れが来るのは早い、はじめから分かっていたはずなのに・・・
だからこそ、たろうより長生きして欲しいな、とずっと願っていました。

ですが、結果としては、もみの木時代より我が家で過ごした時間の方が短く、13歳と少し早いお別れでした。

重い病に罹っても、最後まで頑張って、生き抜いた、最期の最期まで諦めなかったゆめ。
それでも、改めて思うことは、仮にゆめがあと2.3年長く生きたとしても、悲しみの程度はさほど変わりないのではないか、と。
それだけ、ゆめには色々と手を尽くした、と言えるのかな。

あー、ゆめこ、ホントにかわいかったんだよなぁ。そして、おバカに見えて、とっても賢かった。


はじめは、ゆめにはあまり期待していませんでした(笑)
だって、前がたろう様でして、容姿良し、性格良し、健康、旅犬としても良し、パーフェクト犬だったため、
また、メスって、オスより物足りないんじゃないか、と言う漠然とした思いもあったのですが、
ゆめは、一生懸命家庭犬としての経験値を積み、私たちの笑いのツボをつかみ、特に後半は猛烈な追い上げをして、
最後はたろうを超えたかも・・・(小声) 
特にあのゆめの一途さに私たちは完全にやられました。
固い絆で結ばれていると自信を持って言える、自慢のゆめでした。
たろうとゆめを通して性徴の違がはっきりと分かりました。


もみの木の柴犬と続けて暮らして、良い子達に出会えたな、と心から思います。
柴犬を飼っている方は、代々柴犬の方が多いと聞きますが、まさにこう言うことです(笑)

一方で、じいちゃんが亡くなった事で、一つの時代が終わったのかな、という寂しさと同時に、世代交替を感じました。
気がつけば、たろうを通じて22年も経過していますからねw


第一回目の日記のタイトルは「ゆめとの出会いは突然に」と書いてありますが、
ゆめとの出会いは突然なのか、必然なのか、いくつものも「もしも」と選択の連続で
あの日「・・・行く?」と言わなければ、行動に移さなければ、じいちゃんが二つ返事で「いいよ、持ってきな!」と言ってくれなかったら、
幸之介クンが本物の幸之介くんだったら(笑)ゆめの性別を確認しなかったら・・・

人との出会いもの同じです。星の数ほどの人が暮らす中、毎日ただすれ違うだけの人が大半のなか、
遠くでもなんとかして会いたいと思う人が居て、お互いの努力なくしては会うことは叶わない人達がいて、成就した方々がいて・・・  

縁とは不思議なものです。知り合って、仲良くなれる人とは、遡るとどこかで繋がっていた事があったり、あ、あの時の!
と言う事があったりして、お互いがそうなった時に、初めて奇跡は生まれるのです?!


これからも、また様々な出会いと別れがあるかと思います。
たろうやゆめを通じて、また軽井沢に来て出会うことができたお友達との出会いに感謝、
そして、これからまた素敵な出会い、巡り合わせがある事を信じて、ゆめごこちを終わりにしたいと思います。

今までありがとうございました。





それでは皆さま、よいゆめを…




| 柴犬ゆめ | 22:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ゆめであいましょう

まーた久しぶりのおなおです。

このブログがいよいよ閉じるときいて、最後に雑感でもと思いまして。
私は元気?うーん。気がつけば透析6年目になりました、ちゃんと生きてます。
ただ今年の夏はなんだか不調が続き、体調悪い日が多かったです。

今もいくつか、問題を抱えていますが、気持ちは前を向いていますので
何とか改善して元気に過ごしてやろうと、、、諦めません。
良い日も悪い日もあるさ~~~

でね、やはりゆめの存在は大きかった訳なのです。
普段は何ともないように振る舞っていますが、おまゆさんはゆめ~連発してるし
そこで私も一緒にゆめ~も出来ないのでなるべく顔に出さないように。
でも、ふと一人になると考えちゃうのです。ぬくもりを思い出そうとしちゃうのです、
またその時の苦しいことときたら・・・ゆめに関しては私の病気もあり、
一緒にいる時間は私のが長かったでしょう。ホントに可愛くて仕方なかったんです。

それまでずっと寝てるのに3時半になると、起き上がってさぁ、行きましょう!ってせがむのですよ。
すっかりその時間から私がコーヒー飲みに行くのをインプットしているようで
一緒に行きたがるのです。
また、カフェでも可愛くしてるものだから、看板犬になっちゃったり、皆さんに可愛がられたね。

四十九日がきたら、弔おうと思っていました。
でも、イザその日が来ると出来ませんでした。エゴといってしまえばそれまでかもしれませんが
とにかく側にゆめの欠片がいてほしくて、、、いずれちゃんと弔うから、それまでは骨っこで
申し訳ないけど、近くにいておくれ。

夜一人でいると、何回かゆめの呼吸が聞こえてきたような錯覚がありました。
思わず辺りを見回しましたよ、あのムチコロはどこにもいないのですが
でも、いたんだよな。。。なんて私は思っています、私の勝手な都合でも構わないんです、

ほんと、ゆめと過ごした時間は素晴らしかった、思い出を上げればキリがない
話も尽きないのですが。震災以降の6年間、病気有り、移住有りとなかなかな
時間を共に過ごしてきました。健気に付いてきてくれて、たまりませんね。

なんて、こんな話を書いているとそれこそキリがないので。
素敵な時間をありがとう、でもお別れはしないからなぁ~~
またどこかで会おう!!

記憶はすこしずつ薄れては行きますが、一緒にいた時間は確かにあった。
おなお&ゆめで西郷さんと指さされるまでになったんじゃない?
俺の車まで持って行きやがって!まぁ、それはいいよ、持たせてあげる。

そして、柴ワンコとの生活。。。やはりいいですね、いなくなって
なんだか生活リズムが崩れちゃってます。

私自身の体調とか寿命とか考えると、どのくらい時間があるかは分かりませんが

座右の銘 
命は燃やし尽くすためのもの

目一杯生きてたのしんでやる~ゆめみてろよ、俺の隣には来年誰かいるかな?ふふ
悔しいか?したら、また会おうな。お肉おごっちゃる。

では、この辺で締めたいと思います。皆様、ゆめごこちを見てくださって
ありがとうございました。滅多に出てこないおなおですが、一読者として
楽しみに見てました。

それでは、またね!

| おなおねた | 22:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

3ヶ月 ~ゆめの落とし毛に思う~

昨日はゆめの月命日でした。



写真を入れ替えてみました。
これは、2年くらい前の写真でしょうか、左の写真のゆめがムッチムチですねwww

ゆめ亡きあと、ほとんど写真を撮る機会も減ってしまい、10000枚以上あった写真ももう何度も見回して、
残るは、おなおさんのスマホの中にある私の知らないゆめの写真(笑)
けっこう良い写真が残っていたのですよ。何枚かいただいちゃいました。

最近は、毎日この写真に癒やされています。



左端に映り込んでいる私のボロボロのスリッパが残念ですが、このふっくら質感!太ももに顔を埋めたい~♪
って、お顔が写っていませんよ!


さて、ゆめとお別れして3ヶ月、ゆめのベッドやドライブボックス、服は思い切って処分しました。寝室が広くなりました。
それでも、エポの助手席にセットしていたカゴ、パリエロの冬用ジャケットだけは処分できないでいます・・・
あと、お食事セット、ちゃぶ台も・・・


ゆめがいた跡がどんどん薄れていくかと思いきや、時々ゆめさんの毛が出現してきます。
アンダーコートの綿毛と思しきものは、割と容易に見つかるのですが、背中の硬い毛がふと見つかると、嬉しくなっちゃいます。



ゆめの硬い毛は、3色被毛、いわゆる三段毛です。根元から先端まで黒色の差し毛とは区別します。
中の毛が黒い事によって、キレイにグラデーションが出て、鮮やか、かつ 味わい深い毛色が形成されるのです(?!)



先日は、更衣室で靴を脱いだら、靴紐にその硬い毛が絶妙に刺さっており、スーッと引き抜いたら、白黒赤の3色カラー♪
一人でムフフ♪となっちゃいましたw
秋用にタンスから出したおおなさんのニットにも3色カラーの毛が刺さっていました。
これは、セーター類にもまだ紛れ込んでいるな・・・



オレンジ色に輝くゆめ。



毛もそうでしたが、アイラインや唇のゴムパッキンも太くて真っ黒で色素が濃い美犬さんでした。


この写真は、今年の4月のもの。
病気になって、一気に老けしまったゆめ、頭は白髪だらけになっても、背中の3色被毛は健在でした。



猫背もかわいいです(笑)

同じ写真を前から捉えた画。



ゆめさんにしては、珍しい糸目なお顔www
やっぱり、晩年のゆめが一番好きかもwww


~お知らせ~

ゆめが我が家にやってきてから始まった「ゆめごこち」ですが、ゆめ亡き後の今後は・・・
まだまだゆめの思い出にふける日々ですが、これからは、私たち二人でゆめの思い出を語り、弔い続けていこうかと思います。
10月をもって、「ゆめごこち」をおしまいにします。

| 柴犬ゆめ | 15:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ゆめのいない秋の宮城路

10月も早半ば…

しばらく日記を書いていませんでした。
頸を痛めてしまいまして、スマホやパソコンの画面を見るのも辛く、今も痛み止めを飲んでいます…

さて、先週ですが、秋の宮城路してきました。

秋は、たろうの眠るペット霊園の合同慰霊祭があり、今年も参加してきました。

ゆめさん、行ってくるね。



今回は私が一足お先に宮城in、日曜におなおさんが新幹線で合流、帰宅は二人で、のパターンでした。

MINIの音楽USBのストラップ、1番上のポンポンは、ゆめの毛です。
先日一緒に上高地に行った彼が作ってくれたのです。

なので、ゆめも一緒に宮城に行ったのでありました(笑)

1日雨の天気予報…
慰霊祭は雨天はどうなるのか…
心配しながら進みます。

晴れ女の私とゆめ、どうかその間だけでも止んでくれたら…

仙台南インターを降りた頃より、雨が止み、少しずつ雲も取れて、晴れ間が!



会場につくと、すでに皆さん到着しておりましたが、車で待機していました。
スタッフさんが、一生懸命椅子拭きをしており、お天気も回復し、皆さん一斉に車から降りてきて、良かった~と笑顔が見られていました。

参加者全員の祈りが通じたね!

無事慰霊祭を終え、この後は自由時間です。



前職場の後輩達とティータイム♪
閉店まで長居しちゃった。


翌日は、おなおさんと合流ですが、その前に、元実家に寄ってみた。



もう、荒れ果てていて、車も入れません…

白石蔵王駅にお迎えに行き、この後は山形へ…



また、「あの子」に会ってきちゃいましたw



ちかちゃん!



ますます毛がスッカスカになっており、シッポももやしみたいになって…
おなおさんは、はじめまして。



この写真、一瞬ゆめか?!と思うようなシーン。
ちかちゃん食べるのが好きなんだね。



次に会える時は、フワコロになっているかな。

せっかく山形まで行ったので、山形のコーヒー屋さんでコーヒータイム。

翌日は、亘理ではらこめし…の予定でしたが、
時は祝日、浜寿司はもちろんの事、郊外や、地元ィしか知らないようなお店まで順番待ちで列ができており、
亘理は諦め、柴田町の和食屋さんで、はらこめしとお寿司を食べて帰ってきました。



帰り道も、東北道の渋滞にはまり、6時間以上かかって疲れちゃいました。

そんなこんなで、あっという間の宮城路でした。



| 柴犬ゆめ | 22:03 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ここは群馬県の入口?!毛無峠へ

10月に入りました。

今週土曜から秋の宮城路します。
土曜はたろうが眠るペット霊園の合同慰霊祭に参加しますが…
お天気が心配です。
今までずっと晴れでしたからね…さてさて今年はどうなる…

さて、話は全然変わりますが、先週の休日、おなおさん友人夫妻と4人でドライブに行ってきました。

言い出したのは私ですw
おなおさんは嫌がったのですが、3対1で決行!
私が運転しました(笑)



この写真…
すっかりネット上で有名になってしまいましたが、群馬と長野の県境にある毛無峠です。

群馬県で検索すると、この画像が出てきます。

すっかり観光地になってしまっており?
県外ナンバーの車がたくさんきていましたよ。
ドローンも飛んでいましたよ。



こちらは長野県側。



1番上のとんがった先端までは歩いていけます。



ここからの眺めが最高でした。
結構足場が悪く、高所恐怖症の人はムリかな。



去年のうちにゆめを連れて一緒に行きたかった…
まだまだゆめこと行きたかった所たくさん。
って、ゆめさんにとっては迷惑な話?!


帰りはおなおさん友人のアニキが運転したのですが、NSX乗りの方で、やっぱり操作が正確&丁寧で、結構飛ばしても怖くなく、
エポも喜んでそれに応えてくれていました(?)
エポの運転は奥深いのであります。
また乗せてもらいたいなぁ。

さて、今日の夜勤を終えれば連休です、頑張りましょうね。



| 何気ない日常 | 11:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |