柴犬ゆめ★ごこち ~もみの木の下で~

先代犬「たろう」に導かれ、onaomayu家に二代目柴犬としてやってきた                                                          赤柴「ゆめ」の物語

<< 2017-08- | ARCHIVE-SELECT | 2017-10- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

秋のおでかけ、上高地へ行ってみました。

月末に休みが固まっていたomayuです。

ゆめがいなくなって、すっかりさびしい我が家。
元気が出ないのですが、いつまでもそのままではいられません。

せっかくなので、ゆめがいない間にしか行けないところ(?)にお出かけしてみました。



上高地です。
ゆめさんは一緒には行けない所ですね(笑)

おなおさんが弟のようにかわいがっている(?)友人と3人でエポで行って来ました。

マイカー規制があるため、沢渡駐車場からはタクシーで。

河童橋スタートでどの位歩けるか…
普段からゆめ散含めて、歩くのは慣れていましたが、2時間程度の中距離ハイキングコースを行ってみました。



梓川右岸を行き、穂高橋.田代橋を越えて、田代湿原へ…



まだほとんど紅葉はしておらず、人も比較的まばら。
コースも整備されており、普段のゆめ散の服装で全く問題なし。



大正池に到着~
非日常な風景がそこにありました。
しばし足を止めて…



復路は林間コース~梓川左岸と行き、河童橋へ戻ってきました。



川の水が透明すぎて、沖縄ブルーのような色?



この日は平日で、ゆっくり散策できましたが、あと半月もすれば、トップシーズンで大混雑なんでしょうね。

このルートで7キロ弱、ちょうどよいルートでした。
大正池ホテル前で降ろしてもらって、河童橋方面へ向かう片道ルートが一番効率的かもしれませんね。
次回は東側の明神池方面かな?!

運動後のソフト様、そして、一緒に歩いてくれた彼、コーヒーセットを持参しており、コーヒーを淹れてくれて感激…いつも以上に美味しかったよ~



帰りは上田のウィンピーに寄って、名物の(?)ヤンキーピラフを食す。
ピラフの上にステーキが乗っています。
ものすごい量でビックリ、でもお腹が空いていたのでがっつり食べましたよw

しっかり観光な1日でした。
長野県の山岳観光コースはさすが、と言う感じですね。
野麦峠や、乗鞍の方も気になる~w


| 何気ない日常 | 23:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

2ヶ月

今日はゆめが亡くなってちょうど2ヶ月…



写真を替えてみました。
毎日ゆめの写真を見て、「ゆめこ ゆめこ ゆめこ…」なんて言っているせいか?

まだ2ヶ月しか経ってないのか…
意外にもそんな思いです。
お骨が手元にあるからかしら。

予定がない休みの日、家にいると1日が長いです。
お散歩にも行かなくなったし、寂しいなぁ。


思い出されるのは、穏やかに寛ぐゆめの姿…



最近の写真は、ソファで寛いでいるか、食べている姿が多かったです(笑)



カワイイ寝顔…

お手手クロスもセットでね。



疑いの眼差し…?



白目とアイラインが奥目を強調?!
こんな顔がカワイく見える私は変?!



強烈な目力、もう写真でしか見ることはできませんが、ずっと見ていたいです。



| 柴犬ゆめ | 22:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

日本犬保存会の秋の陣、スタート!再会と初めましてと。

月曜スタート、今週は勤務週間です。

さて、先日ですが、日本犬保存会の秋の展覧会が始まりまして、第一陣の栃木支部展に行ってきました。

この日の目的は、久しぶりにワン友さんに会いに&美柴ちゃん達に会いに・・・
家を出る前に、ゆめに謝ってから行きました(笑)

会場は鹿沼市の花木センターです。
宮城路の約半分の距離で、初のエポ9での高速走行にちょうどよい距離です。

宮城時代、それこそたろう時代からのワン友さんにお会いするのは何気に5.6年ぶりかしら?
のりさん、お父さん、お久しぶりです!!



まりちゃん、初めまして!
店長とよくまりちゃんの話をするのですが、何気に生まりちゃんに会うのは初めてだったりします。

写真で見ていたまりちゃんは、強そうなイメージがあったのですが、柔和でかわいらしい~
そして、ふじちゃんとホントにそっくり!



同じ顔してますwww



シッポの形が違いますが、親子で手首ファー♪



そして、ホープのみゆちゃんと、たろう時代から一緒に歩んできた虎徹クンです。
初めて会ったとき1歳だった虎徹クンも10歳・・・



そして、宮城からはまぁーこさんも!
ゆめと同じく、もみの木の血を引いているひめちゃん。8歳になりすっかり穏やかな表情です。
ベビーも一緒にいましたよ。
色んなところから世代交代を感じます・・・

そして、チーム長野から釈迦堂出身の百合ちゃんとはるとくんも来てくれました。



もう二人とも嬉しすぎて狂っていました(笑)
やっぱり、こう言うのいいですよね~


そして!



おわっ!
この子はだれ?!


去年より釈迦堂さんに仲間入りしたちかちゃんです。
初めてちかちゃんの写真を見たときに「あらっ、ゆめに雰囲気が似ている」と思い、それ以降「気になるあの子」でした。
ゆめの目の前で「ちかちゃんかわいいよ~ゆめどうする~?」なんて何回言っていたかしら(笑)

ちょうどほぼ換毛しきっていて、ずいぶんほっそりとしてM字眉も出現しています。
ですが、頬袋はしっかりとあり、ベースは丸っこい子かと思います。



はじめは警戒しており、全然こっちを向いてくれませんでした・・・
その後、お散歩したり一緒に過ごしているうちに、少しずつ笑顔も見られるようになりました。



なんか、姿もそうですが、愛嬌がある感じがかわいらしく、すっかり気に入ってしまいました(笑)
ふわコロになったちかちゃんにも会いたいな。

みんなでお弁当を食べて、柴犬談義をして、楽しい時間でした。
お弁当やお土産までいただいてすみません・・・ありがとうございました。


帰路について、いつもの出流原PAで休憩・・・



ゆめと何度ここを訪れただろうか。



写真を見ているだけで涙が出てしまう・・・


寂しく終わってはいけないので(?)
楽しかった思い出写真を・・・



ここは基本トイレのみのPAなのですが、たまに移動販売車が来ており、お肉を買ってあげていたっけ。

とりあえず、腰降り休憩・・・



何回長野路・宮城路したかな、これからも続きますが、ゆめはいつも一緒だったなぁ。



本当にゆめさん、ありがとう、楽しかったよ!!




~おまけ~

生まれ変わったエポの初高速走行は・・・



エンジンの吹けは大変良好で、ブースト圧は一瞬メーターを見たのですが1.2までは軽く上がっていました。アクセル踏みすぎ注意!
6速マニュアルになったので、巡航が静かかな、と思ったのですが、やっぱり高回転型のようで
あまり詳しいことは分かりませんが、ギア比の特性か、5速から6速に入れてもあまり回転が落ちず、)100キロで2600回転、
騒々しい車内です(笑)
エポ7の時で5速100キロで3000回転だったかな。
MINIは2000回転位だったと記憶しているので、快適性が全然違いますね。


| 柴犬ゆめ | 22:28 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

四十九日

9月に入り、軽井沢はすっかり秋の陽気。
先日の朝の気温は10℃で、深夜開けで帰宅するとリビング暖房入ってました・・・


今日もほねっこなゆめ。



今日はゆめの四十九日でした。
毎日ゆめの祭壇にあいさつをして、お水を交換して・・・

四十九日を目処に、ゆめの納骨を、と思っていたのですが、どうやらまだ私たちの気持ちが整理が付かず
もうしばらく、ここにいてもらうことにしました・・・


毎日ゆめの過去の日記、写真を眺めて・・・



やっぱり食にいやしいゆめが「ゆめらしい」姿ですねw



最近できなくなっていたヘソ天、以前はほぼ毎日見られていたのですね。



そして、若干分離不安気味だったゆめ。



スーツケースに入っちゃったり、こうやって私たちを待ってくれていたり・・・



本当に健気で愛しいゆめでした。

ゆめの最期は後になって思えば前兆はあったのですが、あっという間でした。いわゆる心臓発作からの心停止であったと思います。
リビング隣のおなおさんのパソコン部屋にいたゆめ、
急に立ち上がり、フラフラと数歩歩いたかと思いきや、その場でおしっこをしてしまいました。
そこでの粗相は初めてです。その瞬間、あ、いつもと違う、ヤバい、とすぐ感じました。
脱衣所の室内トイレへ連れて行こうと一度抱え、もう一度抱え直して立たせたら、その場でバッタリと倒れてしまいました。
すでに脈は触れず、みるみるうちに歯茎にチアノーゼが見られ呼吸が弱くなっていく中、ゆめは最後の力を振り絞り
「イヤだ、まだ死にたくない! もっと美味しいもの食べたい ! もっとお出かけしたい ! もっと一緒に居たい・・・!!!」
と言わんばかりに顔を持ち上げ、前肢で踏ん張って最後まで諦めませんでした。

看取る事ができて良かったはずなのに、ゆめは無念だったのではないか、苦しかったのではないか、
今でもずっと私の心の中で引っかかっています。

あれ、こんな事を書くつもりではなかったのに。
晩年の闘病生活・看取りの瞬間の悲しい時を押しでもゆめとの過ごした日々はとても楽しかった、楽しいことだらけだったはずなのですが、しばらく、この葛藤は私の心の中に深く残ると思います。

なんか、心配されちゃいそうですが、大丈夫ですよ(笑) 
四十九日を1つの区切り、と思っていたのですが、もう少し時間が必要です。
ほねっこになったゆめさん、もう少しそばにいてね。



| 柴犬ゆめ | 20:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |