柴犬ゆめ★ごこち ~もみの木の下で~

先代犬「たろう」に導かれ、onaomayu家に二代目柴犬としてやってきた                                                          赤柴「ゆめ」の物語

<< 2011-07- | ARCHIVE-SELECT | 2011-08- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

ゆめ、超リラックス

昨日う○ちをしなかったゆめちゃん、早くトイレの位置を覚えて欲しくて、ガマン比べが続いております。
トイレ以外は一緒の暮らしにおいて問題はなく、とても7年間ケージ内だけの生活をしていたとは思えない位、おりこうさんです。

ゆめちゃんにとって、全てが真新しい事だらけ、生活パターンはどのようにしたら良いかしら・・・?

やっぱり屋内での排泄は難しく(あら、ガマン比べ負け?)、でも、お庭の決まった場所でおしっこをしてくれるようになりました!!
お散歩もできるようになり、軽快に走る事も。
あと、ただ今、「おすわり」「まて」を練習中、ご褒美の軟骨ジャーキーが大好きなゆめです。

ハウスでくつろぐゆめ。
・・・って、寛ぎすぎだろ~

来てすぐの姿とは思えない・・・(笑)

あらら、やっちゃう?(笑)

逆シャチホコ?!

そして、最後は・・・

何かに寄りかかったり、刺さっているのが大好きだったたろう。
ゆめちゃん、あなたまで・・・もしかしてたろうが乗り移ったか?!

た、たろうか?!

明日は、動物病院です。

| 柴犬ゆめ | 23:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ゆめちゃんの驚愕の事実が判明

ゆめちゃんの、家庭犬への道のり・・・

今日も、朝のお散歩に行く前に、トイレを失敗してしまった。よりによって、仏間のカーペットにおしっこを(笑)
急に生活空間が広くなって、どこが屋内・屋外なのか分からないのでしょうね。

午前中、用足しに出かけ、帰宅して玄関のドアを開けると「キューンキューン」「ワンッ!」とゆめの泣き声が。
まいったなぁ。夜は一人リビングで、静かに休めているのに。
今までは、個室(ケージ)にいながらも、他のワンコの気配はあっただろうからなぁ。
知らない場所で一人は心細いよね。ごめんね。

今日は午後から、ゆめの譲渡手続き関係にて、もみの木荘に行った。
もちろん、ちょっとキレイになったゆめちゃんを連れて。
車ではおりこうさんに座って、良い感じです。乗り物酔いもなさそう。

ゆめころり
もう、サークル内での排泄はあきらめました・・・

実は、ゆめちゃん、正体不明のまま我が家に来ていました(笑)
誕生日はいつなのか、どこの子なのか、じいちゃんも全てのワンコの情報を把握しておらず、
現在は、じいちゃんに変わって次女さんが、主にワンコのお世話・帳簿関係の管理を行っているとの事で
次女さんが居る時に一度お会いする必要がありました。

血統書が見つかり、驚愕の事実が判明。
「市桃姫号」「平成16年4月10日生まれ」

えぇっ?!ゆめちゃん、7歳だったの~!!

5.6歳かな、と思っていたため、軽くショック。

しかも、生粋のもみの木っ子だったらしく、さらに、一度も子犬を産んでいないそうで、ここにずっと7年間居たと言う事・・・
こんなカワイィ子が、どうして・・・

ゆめ子さん、そこはトイレですよ?

さらに血統書を眺めていて、ある事に気付いた。
この子、たろうと親戚関係にあります。
まぁ、もみの木っ子だから、当然そうなるのだろうけど、なんか嬉しいなぁ。


ゆめちゃん、7歳には驚いたけど、これも何かの巡り合わせだね。たろう様のお導きかなぁ・・・
今から遅い青春を謳歌しようね。

っと、その前に、次は動物病院で、健康チェックと予防注射をしないとね~。

| 柴犬ゆめ | 21:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ゆめちゃん、家庭犬への道のり

我が家にやってきたゆめ、昨夜は、夜泣きもせず、静かにサークルで休んでいたようであった。

朝、リビングに行くと、お耳ペッタンのシッポフリフリの姿で待っていた。そして、おはようのチュー。
たろうは人の顔をなめる子ではなかったため、少々戸惑ったが、彼女なりの嬉しいサインなので受けた。

さて、お散歩できるかな?
また、あの生活が始まる・・・

と、その前に、玄関に出てすぐに庭にある汚水枡の上で、またおしっこをしてしまった。
昨日の反省を踏まえ、たぶん、ここでするだろうな、と読んでいたので、準備動作の際に、すかさずペットシーツを入れたが
間一髪間に合わず、半分位失敗してしまった。

気を取り直して車で土手へ行った。

ロングリードはしばらく封印、通常のリードでいざ行かん!!
・・・うまく歩けない・・・少し歩くと止まって後を向いてしまう。

この子、散歩の仕方が分からない子のようです。
その後、色々試して騙し騙し歩くよう仕向け、少し歩けるようになり、でも、メタボなボディはすぐに疲労を感じたか、数100メートルで散歩終了。

まぁ、行動パターン、様子を見ながら進めていこう。

帰宅して、足拭き・ブラッシング。
とっても大人しい子で、足拭きも大して嫌がらず、ブラッシングは気持ちが良いのか、静かにさせてくれた。
大量の古い冬毛が浮いており、ビニール袋にはあっという間にゆめ毛がたまった。
もうゆめのわんぐるみが作れそうです(笑)

日中は、実家に用事があり、ゆめちゃんはサークル内でお留守番。
おりこうさんだから、大丈夫だろうな、と思っていたのですが、おなおさんが家に戻ったら、目を丸くして泣いていたそうです。
そんなカワイイ姿をみたおなおさん、キュン死にしたそうです(笑)

徐々に慣れてきたか、サークルから出てくるようになり、サークル外でリラックスするように。

サークルから出てきた~

今までは、ケージの中だけが、パーソナルスペースであったゆめ。
今日はそこから一歩踏み出しました。

ZZZ・・・

なにもしつけがされていない子のようですが、「ハウス」は理解されているよう、
ハウスはこれからも必要ですが、少しずつ生活範囲を広げてあげよう。
っと、その前に、トイレもね。

家庭犬への道は続く・・・

| 柴犬ゆめ | 23:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

今日は家族記念日

今日は、ゆめをお迎えに行った。

タイミング良く、じいちゃんの長女さんが来ており、スムーズにゆめちゃんの引き渡しができた。
長女さんがケージを開けると、ゆめちゃんはお迎えに来たと感じたのか、私達に向かって突進してきてくれた。
もみの木でのゆめちゃんの呼び名は「シロちゃん」であった。
濃い赤柴なのに、なんでシロなの?!
と突っ込んだら、前足のソックスが純白な所からきたそうな。

新しい首輪(ビミョーに大きかった・・・)とたろうが使っていたリードを装着!
この時をもって、「シロタビ」こと「シロちゃん」は「ゆめ」になった。

ドライブボックスをセットしたフォレッ子に乗せ、自宅へ。
興奮してずっと身を乗り出しており、しまいには荷室へ移動してしまった。

家に着いて、さて・・・
まずシャンプーした(笑)
シャンプーは後日でいいかな、と思っていたが、意外にも大人しい子だったので、家に入れる前に洗わせてもらった。
全然泡が立たず、3度洗いした。

泣き叫ぶかと思いきや、全く大人しく、健気な子だ。
関心していると、庭の汚水枡の上にう○ちをしてくれた・・・無言で処理。

乾燥後、お家へイン。
ゆめちゃんのために用意したサークル、もともと箱飼いしていた事もあるが、気に入ってくれたみたいで、自ら入ってくれた。

そうこうしているうちに、目を離した隙に、サークル前の絨毯におしっこをしてしまった。無言で掃除。

寝る前に庭に出したが、庭木の植え込みではなく、さっきの汚水枡の上におしっこをした。
これは、トイレシーツを使ってトレーニングできるかな?

今日は緊張しているため、終了。
わずかな物音で目覚めるが、なんと!初日にへそ天姿をご披露してくれ、香ばしいキャラの予感・・・

さぁ、これからまた忙しい日になるよ~

よろしく~
よろしくね~


| 柴犬ゆめ | 22:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

柴犬「ゆめ」 出会いは突然に。

黒柴たろうとの別れから3ヶ月・・・
たろうのお食事台のお供え、お水交換をしながら、実物より大きくなってしまった、GPたろうの写真を眺める日々であった。

しばらくは、一人で土手へ散歩に行ったりしていたが、やっぱり切なくて、徐々に行かなくなってしまった。

そして、月日は流れ・・・

7月になって、ようやく新しいワンコを迎える決心がついた。
次も柴犬がいい・・・
どこから迎える?子犬?成犬?
たろうの面影を残した子がいいかな・・・「あの目」をした子が・・・
たろうのふるさとのもみの木荘に行った。

みんな~!!

たくさん犬がいたが、ほとんど全員が「あの目」をしていた(笑)

そんな中、気になる子が2ワンいた。
黒柴♀小町ちゃんと、赤柴の♂の幸乃助くん。

はぁい♪

希望としては、たろうの面影がありつつも、毛色・性別は逆がいいな、と思っており、赤の♀を希望していたため、どうしよう・・・
小町ちゃん、また黒柴か・・・きっと、たろうと比べてしまうからダメだ・・・
幸乃介君か・・・あなたが女の子だったら良かったのに・・・。
今回は諦めようかと思っていたら・・・

幸乃介クン?!

すると、なんと!幸乃介君は、女子である事が判明、以前ここを使っていた、幸乃介君の名前をそのままにしていたそうです。
どうりで、男の子の割に小さいし、女子のような可愛らしいお顔だと思った。
やったー!!この子に決定~

それが、後のゆめであった。

こんなカワイィ子が


ずっと箱飼いしていたと思われるため、室内サークルを準備した。


そして、ついに・・・

明日、お迎えに行くね~

待っててね~

ゆめ~

| 柴犬ゆめ | 14:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |