柴犬ゆめ★ごこち ~もみの木の下で~

先代犬「たろう」に導かれ、onaomayu家に二代目柴犬としてやってきた                                                          赤柴「ゆめ」の物語

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ホームのみかげ茶屋へ

今日は休み。

今日は家の事を細々とし、お家でまったり。

MINIの駐車場の屋根に蜂の巣を発見!
いつの間に?!
ソフトボール位の大きさで、アシナガバチのよう。
おなおさんに駆除してもらいました。

15時のコーヒータイムは…
歩いてみかげ茶屋へ。



何気にゆめ亡きあとに行くのは初めて…
真冬以外は一緒に行っていたため、奥さんに「ゆめちゃんはどうしたの?」と聞かれちゃいました。

実は、ゆめが亡くなる前日、みかげ茶屋に行きました。



写真の時系列が前後しちゃいそうですが、7月17日の写真です。
歩きたがらず、でも一緒に行きたいゆめちゃんをジムっ子に乗せてテラス席までお運びしたっけ。

なので、奥さん大変驚かれてしまいました。

私達もまだ信じられないくらい…

たくさんカフェ犬したゆめですが、ここがホームベース、それこそ引っ越し前から縁がありましたからね、思い入れが強いです。



~追憶…~

過去記事を振り返って7歳のゆめを見て…



ゆめってこんなに若かったんですね(?!)
二度見する程の美犬!改めて、こんな美しい子に出会えた幸せ…



| 柴犬ゆめ | 19:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

お薬の日

8月に入りました。
今日はこれから夜勤、そして土日はおまゆ臨時宮城路です。

1日はゆめのフィラリアのお薬の日でして、
1日の朝目覚ましと同時にスマホのカレンダーにお知らせの画面が出てきました。


右下の写真は亡くなる前日のもの、普段通りに私達を笑わせてくれていました

12月1日まで、7ヶ月間表示が出るように設定していたのが切ない…

そして、毎日のお薬は、ケースに入れて管理していまして、18日の朝投薬したのを最後に止まっています。

配薬ケース内に4つしかお薬が入っていません、最後の方はお薬を飲ませるのも困難で、お薬を最小限に減らしてもらっていました。
それでも4種類、よく続けた&ゆめも頑張ってくれたなぁ。




~追憶…~

2014年1月の写真。



キレイに縦抱っこされています。
とっても嬉しそう♪
天使の羽もバッチリ出ていますw

最近では、抱っこするとすぐに咳き込んで呼吸が苦しくなっていたので、こんな時期があったのが遠い記憶のような…

そして、おなおさん痩せている…



| 柴犬ゆめ | 11:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ゆめが愛した朝食 サンカフェのローストビーフサンド (サラメシ風に)

今日は休み。

今日はおなおさんの希望で、サンカフェにモーニングに行きました。



ゆめのいないサンカフェ…

ゆめは、ここのローストビーフが大好きでした。



この写真は亡くなる1週間位前のものです。
おなおさんといつも一緒だったゆめは、週末二人で朝ここへ食事やコーヒーに通っていました。

初めの頃は、サンドイッチからロービー(ローストビーフ)を何枚か抜いてゆめにあげていたのですが、
それを見たママさんが、ゆめのために別に用意して下さるようになりました(笑)



最期の方は、お薬をあげるのも困難になっていたので、ここのロービーを定期的に売ってもらってお薬と一緒にあげていました…

ゆめさんも一緒の行きつけのカフェで、ゆめ亡きあと行っていない所がいくつかあります。
ゆめの愛したカフェ、ここはその1つでした…

ゆめはもういないんだな、改めてそう思わされました。



Xperiaからの投稿

| 柴犬ゆめ | 22:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

撮りためた写真をずっと眺めて

昨日今日と連休でした。

おなおさんが資格の更新のため宮城路のため、あらかじめ希望の休みを取っていました。
で、本来ならば、ゆめことお家でイチャイチャして過ごすはずだったのですが・・・

ゆめの撮りためた写真をずーっと眺めて2日間が終わりました。
今のスマホのmicroSDに入っているのが4000枚くらい?前の機種のmicroSDにも3000枚位?
その他外付けHDD内や前パソコンから引き継いだバックアップお気に入り写真も合わせると10000枚以上あるかしら(笑)
2日間でなんて到底見きれませんw



骨壺にゆめこの首輪をつけました。
セレブチックなハートキラキラ白レザーと、ハートメタルカラー、どちらか1本に絞れず2つ着けちゃいましたw
ゆめこの首が2つ必要です?!
花の首飾りは持たせました。ゆめほどあの首輪が似合う柴犬はいないと思います、断言します(笑)

今日は弟夫婦からゆめこへ追悼のキャンドルが贈られてきました。
青空と白い雲が、ゆめこをお空へ運んでくれるような・・・

そして、今までお世話になった動物病院とトリミングサロンからお花が贈られてきました。



昨日ゆめが亡くなったことを伝えに、そしてお世話になったお礼に行きました。
最後に受診したのが12日で、しばらく間が開いており病院側でも気を揉んでいたそうです。

ゆめが亡くなった事を聞いて、先に先生が泣いてしまい、ちょっと困惑しちゃいました。
たくさん患者さんを診てきているはずなのですが、ゆめへの思いが強かった&
先生のわんちゃんも同じような経過をたどって昔を思い出してしまったようで・・・まったく罪なゆめちゃんです。
本当に皆さん親切にして下さいました。感謝しかありません。
飼い主の気持ちにとことん寄り添う先生で、彼の人柄なのか、獣医師の倫理観なのか、
人の医師とは少し違う感じもし、色々考えさせられました。


ゆめこの祭壇を整えるべく、写真を用意しました。
縦横コンビになっているフォトフレーム、膨大な量の写真からどれを選ぶか・・・

超お気に入りの写真はたくさんありますが、意外にもピックアップしたのは1年以内の写真です。
1枚はそれこそ1カ月前のもの、もう1枚は去年の桜の写真です。
昔の写真、キレイですしゆめもカワイイのですが、私が真っ先に思い描くゆめの姿はここ1年くらいのものなのです。

まぁ、写真はローテーションもできますし、まだまだゆめの写真を眺め偲ぶ日は続きます。



| 柴犬ゆめ | 21:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

皆様ありがとうございます。

お骨になったゆめさん、先日模様替えした際に空いたシェルフにいます。



とってもおさまりが良く、まさかゆめこ計ったのか?!と言う位のタイミング…

毎日ゆめこに手を合わせています。

そして、お花が続々と届きました。



まぁーこさん、しばたんさん、ガタニーズの皆様、おなお妹さん、ありがとうございます。

ゆめこは皆にこんなにも愛されていたんですね。

あの目と愛くるしい姿で魅了して…

また改めてお礼をさせてくださいね。

とっても静かな室内…ゆめこ、寂しいよぉ。





| 柴犬ゆめ | 22:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

厳かな時間を・・・もみの木の下で

ゆめの死から2日・・・

コーヒー仲間の方々や、店長、ゆめに手を合わせにきてくださってありがとうございます。
すばるくん母さん、お花をありがとうございます。
ゆめこは本当に幸せ者です。
お悔やみのメールやお電話もいただきました、ありがとうございます。
メール・コメントのお返事は、少し時間が経ってから改めてさせてください。

昨日は日勤でした。涙をこらえ、平常心で1日を過ごせた・・・と思います。たろうの時はダメだったので、私も強くなったのかな(笑)

その日に限って帰宅が遅く、でも、翌日は休みだったので、帰宅後は時間を気にせずずっとゆめの側に居る事ができました。
いろんな角度からゆめを愛でて撫でて・・・



お花やお供え物をたくさんいただき、ちょっとした祭壇になりました。

そして、今日はゆめこの火葬を行いました。
朝起きてから、午後火葬の車が来るまでずっとゆめの側にいることができ、厳かな時間を過ごすことができました。



この寝顔、私の中でのスタンダードなゆめの寝顔です。なんてカワイイの・・・
やわらかなゆめちゃん・・・7月なのに、冬毛が大量に残っていて・・・たろうの時もそうだったわ。

14時過ぎに火葬の車が来て、自宅敷地内で火葬をしていただきました。
そう、それこそ、もみの木の下で・・・
今は、骨壺に入ってリビングに一緒にいます。

たろうの時は、震災直後でバタバタとしていた感がありましたが、今回は勤務の並びもよく、
ゆめことゆっくり最期の時間を過ごし、お見送りができたと思います。
どこまでも一緒が良いゆめさんらしいね。
ゆめ、ありがとう・・・


| 柴犬ゆめ | 21:34 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

共に闘い共に悩んで…ゆめさん頑張ったね。

病と闘い続け、共に悩んできた日々でしたが…
ゆめさん、本日の17時45分、永眠いたしました。



この写真は今朝のものです。
前日辺りから兆しはありました。
しかし、最期の最期まで、ゆめの目力は健在でした。

今日は私は休みでして、ゆめを看取ることができました。

苦しくないように…それだけが願いで、「もう頑張らなくていいよ」と言ってゆめをさすっても、目を見開いて、最期の最期まで前足で立ち上がろうとするゆめに、ゆめの無念を感じずにはいられません。
看取ることができて良かったはずなのに…
もっと一緒にいたかったんだね。

家族記念日まであと10日でした。
5年と11ヶ月の短いけど、濃厚な日々でした。

ゆめさん、本当に本当にありがとう…




| 柴犬ゆめ | 22:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>